ピアノ初心者でも簡単テクニックで弾ける曲3選

「ピアノを弾いてみようかな」と思い始めた人の中の多くは、まず簡単に弾ける1曲だけ決めたいのではと思います。

基礎の基礎を学びながら、レパートリーが1曲増えたらうれしいですよね。

この記事では、初心者でも簡単テクニックで弾けるピアノ曲を、3つ紹介させていただきます。

ストリーボック作曲「すみれ」~ピアノ初心者でも弾ける簡単テクニック~

細かい音型が出てこなくて、手や指をポンポン、鍵盤の上に落としていけば弾ける曲なので、1曲目に選んでみました。

小学校中学年~高学年くらいのお子さんが取り組む曲なので、日本語学習で小学校後半くらいの作文力を想像すると、「すみれ」の難易度が想像できると思います。

この曲での難所をいくつか挙げてみると

・右手オクターブ奏法

大人初心者の場合は、子供より手のサイズが大きいため、鍵盤に指先が乗せるのは子供よりも簡単にできてしまいます。

打鍵の瞬間以外は緊張をゆるめて弾くとよいでしょう

・3拍子

3拍子、ワルツという踊りの曲ですが、拍子の難しさは動画や音源を聴いて解決しましょう。

聴きながら一緒に弾く、楽譜の拍を数えるなどで対応します。

エステン作曲「お人形の夢と目覚め」~ピアノ初心者でも弾ける簡単テクニック~

ハ長調の音階練習が完了したら取り組める曲です。

曲の最後がト長調になるため、ト長調の音階もついでに学ぶとよいでしょう。

曲は途中の転調をのぞいて原則ハ長調のため、音符は読みやすいと思います。

読むだけ読んだら、軽やかなテンポで弾けるように練習します。

この曲での難所は

・右手3度重音。バラバラにならないよう丁寧にそろえます。

・左手の2分音符。保持音。浮いて来ないよう指先で止めておきます。

・右手の速い音。重力奏法を利用し、1小節に1回落下させるタイミングで、小節内の音をみんな弾き切れるようにします。

サティ作曲「ジムノペディ」~ピアノ初心者でも弾ける簡単テクニック~

この曲は手の難しさはありませんが、和音の響きや種類がわからなくなりがちです。

1つ1つの音をしっかり読み、できればコードネームも調べ、置きやすい指使いを記入して弾いていきましょう。

この曲でむずかしいところは

・ダンパーペダル。右足で踏みます。和音が濁らないように踏み替えます。

・内声の和音。左手で取りきれない所は、右手の親指で1音だけ拾ってあげます。

まとめ

初心者のうちは、ピアノ曲の中にある音型や和音から、さまざまな弾き方を学んでいきます。

タイプの違うこの3つの曲が弾けるようになると、少し難易度の上がった別の3曲に挑戦していけます。

この3曲はピアノ初心者の皆さんはいつでも弾けるように、レパートリーとして持っておきましょう。







失敗しないピアノ上達教材の選び方のご案内
スラスラ弾けるようになりたい」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う先生や親御さんに絶対に後悔しないオススメできるピアノ上達教材をランキング形式で紹介します。

教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

ピアノ上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする