ピアノコードの覚え方!初心者向けの方法とは!?

ピアノコードの表を見たことがあるけれど、意味がわかりにくかったり、たくさんあって全部覚えられないと思ったことはありませんか?

理屈や仕組みがわかってから弾こうと思うと、なかなか前に進めないのがピアノコードの特徴です。

「習うより慣れろ」、初心者こそピアノの楽しみを優先し、慣れによって身につけられたら最高ですよね。

この記事ではピアノ初心者にピッタリな方法なピアノコードの覚え方を、ピアノ講師の立場から紹介します。

白鍵だけで弾けるコードを弾いてみよう

まずは右手(利き手)で結構ですので、「ドミソ」の和音を「ジャーン」と鳴らしてください。

C(シーメジャー)コードの完成です。

明るい和音の響きが聞こえますよね。

この手の格好を崩さずに、鍵盤1つずつ、手を「右」へずらしていきます。

「レファラ」の上に、指先が乗っかりましたでしょうか。

レファラの音を出すと、少し悲しげな響きがします。

次はもう1つ右にずらすと「ミソシ」の和音。

順に1つずつ右へ移動して「シレファ」の和音までピアノの鍵盤で上がっていってください。

まずは白い鍵盤だけで弾けるピアノコードを、手と耳で覚えます。

明るい響き、悲しい響きが混ざった状態ですが、初心者が手っ取り早くできるコードの覚え方です。

「白・黒・白」真ん中が黒鍵のコードを覚えよう

「白鍵だけで弾けるコード」に十分慣れたら、3つの和音構成音のうち「真ん中の1音」だけを「黒鍵」にします。

「ドミソ」(白鍵だけ)の真ん中を「ミ♭」に置き換えて「ドミ♭ソ」という具合です。

これで「ドミソ」「ドミ♭ソ」、一組の和音コードが完成しました。

次は「レファラ」の和音で、真ん中の音を黒鍵にしてみます。

「レファラ」の真ん中を黒い鍵盤に置き換えると「レファ#ラ」になります。

先ほど弾いてみた「白鍵だけで弾けるコード」について1つずつ、「真ん中を黒鍵に置き換えたコード」を弾いてみてください。

これを1セットずつ作るのが、初心者が手っ取り早くできるコードの覚え方です。

メジャーコード、マイナーコードをセットで覚えよう

「ドミソ」「ドミ♭ソ」や「レファラ」「レファ#ラ」…と、3和音のコードが1セットずつできあがったと思います。

これらのうち片方は「明るい響き」もう片方が「暗い響き」になります。

明るい方を「メジャーコード」、暗い方を「マイナーコード」と言います。

2つの和音の明るい響き、暗い響きを堪能(たんのう)しながら、1セットずつこなして、上の音に上がる練習をしてください。

知らず知らずのうちに、何組ものメジャーコード、マイナーコードを弾いていることになります。

名前やコードネームは、ピアノの鍵盤に十分慣れて、コードがすらすら弾けるようになった後で構いません。

弾けるようになった後で「ミソ#シ」がメジャーコード、「ミソシ」がマイナーコードだと段々わかってきます。

まとめ

「白鍵だけの和音」「真ん中だけ黒鍵の和音」のセット、初心者の覚え方として理解できましたか?

一か所だけ上手くいかない組み合わせがあり、問題となるのは「シレファ」の和音です。

この和音はメジャーでもマイナーでもない「ディミィニッシュ」というコード(減和音)です。

「シレファ」をやめて、明るい和音「シレ#ファ#」、悲しい和音「シレファ#」を弾くのですが、使う鍵盤の位置がこちらだけ特別な場所になるため、個別に覚えるとよいでしょう。

難しく感じる人は「シ」の手前の音、「ラド#ミ」「ラドミ」のセットまでで終えても大丈夫です。

ピアノの鍵盤と遊ぶような気持ちで、気軽にトライしてみてください。







失敗しないピアノ上達教材の選び方のご案内
スラスラ弾けるようになりたい」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う先生や親御さんに絶対に後悔しないオススメできるピアノ上達教材をランキング形式で紹介します。

教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

ピアノ上達人気(DVD)教材ランキング