ピアノ練習における左手ピアノの上達方法3つのポイント

右利きの人が抱えるピアノの悩みには「左手が上手く弾けない」というものがあります。

いっそ右手だけでピアノが弾けたらいいのに・・・とさえ思ってしまいますよね。

この記事ではピアノにおいて左手が持つ可能性と、それを引き出す左手上達方法について、練習上の経験から3つのポイントを書いてみようと思います。

左手ピアノが難しい原因は?~左手ピアノ練習ポイント1

ピアノで左手パートを難しく感じてしまうには、複数の原因があります。

右利きの場合、左手が思うように動かない

右利きの場合、右手は思うようにスラスラ動くのに、左手は動きがぎこちなく、弾いていて辛い・・・という人は大半だと思います。

これはピアノが相当上達しても続く問題で「左手のための練習曲」というのもあるくらいです。

長年ピアノを弾いている人に聞くと、「左手はピアノのためだけに使う」「左手はピアノ専用」と割り切っている人が多いです。

ピアノのおかげで左手が器用になり、両利きに近くなる・・・なんてメリットもあります。

左手は経験値を積んでいない分、ピアノで積むことにしましょう。

へ音記号も読めないし、どの音を弾いたらいいのかわからない

ヘ音記号が読めない場合には、「カナ」を振ってしまって構いません。

「ド」「ソ♯」など、読めない音は1つずつ楽譜に書き込んでしまいましょう。

少しずつ読めるように慣れていきます。

ヘ音記号では五線内の音符を先に覚え、「低いミ」など架線つきの音符は最後に回すようにします。

メロディーパートではないので、どの音を弾いたらいいのかわからない

和音コードの勉強をするのが効果的です。

右手メロディーのように聴いただけですぐ弾けるようになりませんが、左手の和音も練習や工夫によって弾けるようになります。

根気よく練習しましょう。

左手ピアノが持つ可能性とは?~左手ピアノ練習ポイント2

弾きにくい左手ピアノですが、長年使い込んだ利き手の右手とは違い、左手は「変なクセがついていない」ピアノに適した手であると言えます。

音大に多数の合格者を送り出している私の先生の発言ですが、「クセのない左手はピアノ専門の手に育てることができる」と、いつも左手絶賛でした。

右手は箸を持ったり鉛筆で細かい字を書いているため、一見器用ではあるけれど、ピアノに適した動きを叩き込むには、向いていないことが多いそうです。

不器用に見える左手ですが、じっくりピアノ専用に育ててみましょう。

左手ピアノの可能性を引き出す上達方法は!?~左手ピアノ練習ポイント3

クラシックピアノを学んでいる人は、左手でもメロディーを担当できるように、バッハなどバロック音楽の勉強をしていることと思います。

ショパンの前奏曲6番(ロ短調)のように、左手メロディー、右手伴奏と、伴奏パートが左右で入れ替わった曲を多くやるのも有効です。

ポピュラーピアノの場合ですが、右がメロディー、左が伴奏と一貫していて、伴奏パートが左右で入れ替わることは滅多に起きません。

つまりポピュラーピアノの場合は、左手でコロコロ細かい動きができなくても、さほど不自由しないと言えます。

弾きたい和音がつかめるよう、ポピュラーピアノの人は和音コードの勉強をしっかり学んでみてください。

まとめ

左手ピアノの弾きにくさがどうしても気になる人は、左手だけの「片手練習」をじゅうぶんに取り入れるとよいでしょう。

普段の生活では右手ばかり使っていますので、ピアノの時くらいは「左手」だけに重点をおいて練習すると、手の左右差が均等に近づいていくでしょう。

ただし練習のし過ぎで手の筋を痛めたりしないよう、疲れ具合をみてホドホドにするように気をつけましょう。






※ピアノを上手に弾きたいと思っている方とお子さんに上手に弾かせてあげたいと真剣に考えている親御さんへ

ただ、やみくもに練習するのでは膨大な時間の無駄です。 効率よい練習法を身に付けてピアノ演奏の上達につなげてください。

ピアノ上達(DVD)教材売れ筋ランキング

さらに効果を上げるためのオリジナル特典(『ピアノ初心者が30日で弾けるようになる!ピアノ教室に通わず上達するための5つの練習法と5つのポイント(非売品)』など)付き!






失敗しないピアノ上達教材の選び方のご案内
スラスラ弾けるようになりたい」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う先生や親御さんに絶対に後悔しないオススメできるピアノ上達教材をランキング形式で紹介します。

教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

ピアノ上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする