ピアノの独学における運指ルールとは!?

ピアノを独学している人を最も悩ませるのが、1~5指の運指ルールがどうなるのか規則がハッキリしないことです。

運指についてルールがまとめられている本などは特に見かけたことがなく、各自がピアノ楽譜に書かれた指番号から学んでいくのが現状です。

クラシック曲の楽譜には運指が書いてありますが、ポピュラー曲には全く運指が書いてない場合も多いです。

この記事ではピアノ独学における運指のルールについて、ピアノ講師の立場から解説してみようと思います。

親指くぐし、親指かぶせを覚えよう

独学での運指は、ピアノの鍵盤を使う前に、机やテーブルの上でやってみましょう。

親指くぐし

両手の3指(中指)の指先をテーブルの上に乗せます。

両手の1指(親指)ですが、3指の下をくぐって内側にもぐらせたり、元の場所に戻したりします。

テーブルの上をトントンと、リズミカルにくぐしていき、親指を3指にくぐす練習をします。

3指でくぐせるようになったら、4指(薬指)でも同じように親指をくぐす練習をします。

親指かぶせ

3指、4指の下に親指をくぐす練習をしましたが、今度は3、4指を親指(1指)の上にかぶせる運指の練習をします。

両手の親指の指先をテーブルの上に乗せます。

両手の3指(中指)を親指の上をかぶせるようにして、3指の指先をテーブルまで届かせます。

親指をテーブルにつけたまま、3指をはじめの位置に戻します。

ふたたび両手の3指を親指の上にかぶせては元に戻し…という動作を繰り返します。

3指を親指の上にかぶせられたら、4指(薬指)でも同様にかぶせる練習をします。

テーブルの上で親指くぐし、親指かぶせをじゅうぶん行うと、ピアノの鍵盤にスムーズに移行できます。

1-2指は広く、2-5指は狭く取るのが原則

5本の指の構造は親指だけが他の指とちがっていて、手首から直接生えています。

親指の特徴は、太くて短いこと、動かせる範囲が広いけれど不器用なことです。

2-3指、3-4指は隣同士の指なので、それほど大きく広げることはできません。

しかし1-2指は親指の可動範囲が広いため、鍵盤を広い幅でつかむことが可能です。

独学でピアノの運指をおぼえる時、1-2指を広く取って、2-5指を広げなくて済むように取るようにしてください。

楽譜に指番号を書き足そう!

楽譜に書いてある指番号は、最低限の運指です。

2,3,4,5と弾くべきところに「2」しか書いてないのが一般的です。

「2」だけでは他の指がわからなくなってしまう場合には、残りの「3,4,5」も鉛筆で書き込んでしまいましょう。

指くぐし、指かぶせのある場合には、「1」「3」とくぐす指しか書いてない場合があります。

弾きながら運指を考えるのが苦痛な場合には、全部の音符に指番号を振ってしまっても構いません。

まとめ

独学の場合、まとまった運指の解説書がない場合には、楽譜に書かれた運指を通して運指のルールを覚えていくしか方法がありません。

運指の独学のコツは、数多くの曲を弾いて、経験から学ぶことです。

運指に慣れないうちは、楽譜に指番号を多めに書き込んでみてください。







失敗しないピアノ上達教材の選び方のご案内
スラスラ弾けるようになりたい」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う先生や親御さんに絶対に後悔しないオススメできるピアノ上達教材をランキング形式で紹介します。

教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

ピアノ上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする